2020/09/22

トランスミッションオーバーホール動画




GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

トランスミッションオーバーホール












77FLH様 トランスミッションオーバーホールです

メインドライブギヤブッシュボーリングの芯出しキャリーオーバーのメインドライブギヤで1/100迄出ました。
この芯出しの精度が高いとブッシングクリアランス詰めれます。
クリアランス広いとオイルシールのもちも悪いです。

メインドライブギヤのOリング加工は何度やっても焼入れのしてあるギヤに対しての加工なので恐いですが、この加工でメインドライブギヤのスプラインからのオイル漏れを完全に止められます。


GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

タペット音、その他トラブルシューティング


89FXST様 タペット音とブリーザーよりのオイル吐き出し量過多でトラブルシューティングです。

ブリーザーからのオイル吐き出し量過多はこの年式のEVOはクランクケースブリーザーなのですが、クランクケース側は塞がれシリンダーヘッド側に変更されているのですが、パンヘッド形状のフロント側はヘッドブリーザーの年式のヘッドではないので、ブリーザーが機能していませんでした。
ブローバイガスの発生量に対して吐き出せる量が不足していたのが原因と思われます。
当然エンジン内圧も高くなっていた筈なので、オイルの回収にも問題が発生していたと思われます。

プッシュロッドが社外品でシリンダーヘッドの分解が必要なタイプの物だったので、エンジン腰上分解した際に異常なまでに液体ガスケットを使ってあった事の辻褄が合います。

タペットブロック迄分解したのでカムシャフトも上から覗いて確認したところ、カムシム入っていませんでした。

引き続き原因検証します。


GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

2020/09/18

リンカート




沖縄県から御依頼頂いていますリンカートM25オーバーホール、ボムサイト溶接修理です。

メインノズルを抜く際にドライバー等で押したのでしょう メインノズル先端も潰れていました。

苦労された通りメインノズルガッチリ固着していましたが、GLORYでは通称地獄風呂と呼んでいる薬品のつけ置きと、超音波洗浄機で固着を完全に洗浄した後、極力メインノズルにストレスの掛からない様に専用工具作成して抜き取りしています。

スロットルシャフト穴付近に上下とも切削の跡が有るのが気になります。

自分は初めて見るのですが銅製のボムサイト、オーナー様はなんとか使いたい
との事なので、どう修理するか検討します。

近場の方も勿論ですが、遠方から頂く御依頼は特にリカバリーが出来ない緊張感で気合い入ります。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

バルブタイミング調整




77FXS crazy frank様 エンジン不調トラブルシューティング、バルブタイミング調整です。

昨日の78FXS crazy frank様のトラブルシューティングもそうですが、過去の作業データからコンプレッション測った時点で大体見えてきます。

実測バルタイ測定 調整各種自作アダプター用意してあるので、シリンダーヘッドの分解は勿論クローズドプライマリーでもプライマリードライブの分解無しで可能です。
今回はフロントシリンダーヘッドのプラグホールスレッド修理も必要なのでヘッド降ろしました。

それにしても今日も2件ご新規の問い合わせ頂きましたが、エンジン不調で悩んでる方多いですね。

GLORYはトラブルシューティングに自信有ります。
それと、絶対に「こんなもんです」で済ませないと心に決めています。
これ1番大事だと思っています。

エンジン不調で悩まれている方一度ご相談下さい。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

2020/09/16

crazy frank






78FXS crazy frank様 トラブルシューティングです。

腰上オーバーホール2軒で2回やり直してあるらしいですが、コンプレッションテストの結果F 550kPa R 750kPaと前後差約2kgf/㎠差が出てしまっています。
前後気筒差2kgf/㎠有るとシングルキャブのハーレーは当然プラグの焼けも前後差出ます。
前後気筒間で圧縮圧力が変わると燃焼状態に差が出ます。

A/F計繋いでセッティングとった形跡が有りますが、本来A/F計メーカー各社ワイドバンドセンサーの取り付け位置、角度の指定が有りますが、この小さな穴にアダプターを取り付けしてワイドバンドセンサー取り付けしているのでしょうが、果たして正確な数値が取れているのでしょうか?
プラグの焼けは明らかに随分とリッチなので、典型的な測定不良の実際の数値よりリーンの数値が出ているのではないか?と思います。

そもそもA/F計を使ったセッティングの前に組み上げたエンジンのコンプレッションテストは必須です。

正しい知識と環境の無い店のエンジン、ミッションオーバーホールの被害者の方のやり直しの相談を受けるのは自分も辛いです。

GLORYで必ず満足して頂ける結果を出したいと思います。

油圧はタペットスクリーン、ロッカーシャフトエンド共にフルホット状態で測定しましたが問題なさそうです。


GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

2020/09/14

溶接修理


69FLH様 クランクケースアイドラーシャフトマウント部過去に溶接修理されていますが、破片を外から溶接してあるだけなので再溶接修理します。

完全に元穴位置に再生する為に、どう座標をとるか?これもまた難しいです。

宇宙人的視点でどう再生するか考えてみます。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

クランクケースクラック修理




74FXE様 クランクケースシリンダーヘッドオイルラインフィッティング部のクラック修理です。

NPTフィッティングなので締め込み過ぎると割れるのは当然ですが、これだけ肉のあるこの箇所のクラック修理は初めてです。

油圧の掛かる箇所なので、やっつけ修理の外側だけ溶接では当然オイル漏れ起こします。
削り込んでネジ穴、オイルライン一度完全に埋めて掘り直します。

初修理箇所正確にオイルライン加工、フィティングネジ穴加工できるか?
NPT穴の下のオイルラインは残して溶接盛り再生してあるので、ピンホールが出てこないか?
この修理は相当難しいです



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

2020/09/11

キッカーカバー キッカーシャフトブッシュ下穴溶接修理








49FL様 キッカーカバー キッカーシャフトブッシュ下穴溶接修理です。

キッカーカバーのこの箇所の溶接修理はよく有る修理依頼箇所ですが、今回の対象は過去最高レベルです。
クラック修理は破断面残して外から溶接しても絶対に治りません。
若干の延命処置にしかなりません。

そしてクラックは一度発生すると対岸に到達する迄確実に進行し続けます。

溶接修理は所詮溶接です 修理不可箇所も勿論あります。

クラックに気付いたら取り返しのつかない事になる前に一刻も早い修理をおすすめします。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

シリンダーヘッドインテークニップルリベット穴埋め溶接修理





49FL様 シリンダーヘッドインテークニップルリベット穴埋め溶接修理です。

アルミヘッドのパンヘッドはインテークニップルのリベット穴広がってやむを得ずボルト留めに加工されていたり、マニホールドシールでは無くインテークニップルからの二次エア吸入が多々あります。

「旧車だからしょうがない」よく聴く台詞ですが、なんとかなる物はしっかり治して完調な旧車ライフ送って頂きたいと思います。

溶接修理案件大分貯まっているので連発でいきます。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

2020/09/07

クランクケースタイミングホール溶接修理



49FL様 クランクケースタイミングホール溶接修理です。

溶接盛後機械加工の入る溶接修理はピンホールが出ると盛り直しになるので、ピンホールが残らない様に溶接するのが難易度高いです。

もはやタイミングホールの要修理クランクケースが軽傷とさえ思えるほどコンディションの良いケース単体の売り情報が無いアーリーパンの純正クランクケースです。

まだまだ頑張って貰いましょう。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317