2020/11/23

セッティングスタート


 62FLH様 A/F計取り付けキャブレターセッティングスタートしました。

スロットルとタコメーターとA/F計メーターが隣接しているのでセッティングが楽です。

慣らしながら下から順番に組み立てていきます。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

出力空燃費セッティング

 



62FLH様 パンヘッドのアップスウィープエキゾーストにO2センサーボス取り付け加工しました。

空燃費計でセッティングしていきます。

自分のこれまでの感覚セッティングとの誤差がどれくらい有るのか?

出力空燃費セッティングでどれ位変わるのか楽しみです。

「オールドモーターを現在のテクノロジーでHOP UPしていく」オーナー様と自分の共通の「HOT ROD」の解釈です。

HOT RODは懐古主義ではないと思います。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

中古新規納車整備、車検整備

 





02XL883R様 中古新規納車整備、車検整備です。

フロントタイヤは2001年23週の新車時から交換されずに生き残ったサバイバータイヤなので交換です。

ハーレー乗りの方もハーレー屋もタイヤに疎い方多いので10年20年物のタイヤ履いている車両けっこう多いですが、タイヤ溝は残っていてもライフは完全に終わっています。

しっかり食うタイヤは走りが違います。そして何より危険です。

必ず製造年、週が表記されていますので確認してみて下さい。

分からなければ御来店頂いた際にお声掛け頂ければ確認します。

ブレーキフルードを含め油脂類は基本全交換です。

割れていたチョークケーブル交換、定番のインテークマニホールドシール、スピゴットシールも劣化していたので交換しました。

基本に忠実 整備屋はこれに尽きるんだと思います。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

もうすぐです!

 

62FLH様 ブレイクインです。

異常に高かったバルブスプリングセット圧、最大リフト圧を適正化して、ガバガバの抜け抜けピストンリング適正化でなかなか良い感じです。

4 3/8ストローカー、S&Sハイコンプピストン、Andrews “H”grindカムのスペックの本来の性能を引き出す適正作業で本物のホットロッドモーターになりました。

ラッピング、初期慣らし済ませて高速で引っ張るのが楽しみです!

この仕様には未だ伸びシロが残っているので、暫く楽しんで貰った後にクランク回りの作業と合わせて更なるHOP UPのプランが有ります。


GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317


2020/11/15

組み上がりました。









 62FLH様 組み上がりました。

エンジンも機械加工もは段取り8割です。 

組み付けは一瞬です 組み付け前に良いエンジンか、ダメエンジンかの勝負は着いてるいます。

バルブスプリングは先に作業済ませていたのでリングは先に作業済ませていたので仕上がったロッカーアームホルダー組み付けからです。

ロッカーアームホルダー面研真円修正、クリアランス適正+DLC処理はこの先数年後にメンテナンスで開けた時の結果が楽しみです。

シリンダーヘッドの適正+腰上ガスケット交換の予定でしたが、ピストンリングの合口の面取りが余りに大きいので確認したらリングギャップもガバガバでした。 

これじゃあ圧縮漏れも、ブローバイガスも半端じゃないです。

ピストンリング交換でギャップも適正調整しました。

高級リフターJIMS power glideは事前に完全エア抜き後に組み付けます。

エンジン回してエア抜きなんかして壊したら堪らないですからね。

今回からシリンダーベースナット、シリンダーヘッドボルトの締結にARP ultra torque使い始めました。

エンジン用スタッドボルト、塑性ボルト専門メーカーが作ったファスナー専用アッセンブリールブです。

軸トルクが安定するそうです。

今回もシリンダーヘッド適正、ピストンリング適正で内燃機加工以外ほぼほぼオーバーホールのやり直しの様な作業内容です。

内燃機加工+実質ガスケット交換みたいなオーバーホールばっかりです。

プロとして工賃貰うんだから結果が全てです。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

パンヘッドロッカーアームホルダー再生の続き 動画


 


GLORY ENGINEERING

神奈川県横浜市港北区新吉田町5331

TEL 045-620-2317

パンヘッドロッカーアームホルダー再生の続き


 62FLH様 パンヘッドロッカーアームホルダー再生の続きです。

4箇所面研、ボーリング真円修正、クリアランス調整仕上げ終わりました。

治具上でオイル塗って規定トルク仮組みしたら、自重でニュルーッと下がっていきます。

オイルフローティングの理想形です。

現段階ではDLCコーティングの効果は無いです。あくまでもオイルフローティングです。

DLCコーティングの効果を発揮するのは、油膜切れが起こった時です。

このエンジンも火入れるのが楽しみです。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

2020/11/11

ロッカーアームホルダー面研、ボーリング真円修正再生 動画



 


GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

ロッカーアームホルダー面研、ボーリング真円修正再生



62FLH様 パンヘッドのロッカーアームホルダー面研、ボーリング真円修正再生です。

残り3箇所はLower側に損傷は有りませんでしたが、Upperホルダー側合わせ面の手面研による面荒れ、Upperホルダーのロッカーアームの当たりがまだらなので、残り3箇所はUpperホルダーのみ面研、ボーリングします。

Lowerホルダー引っ掛けずにUpperホルダーのみの加工でいくには両側面研で掘り直す以上に精密な芯出しが必要になります。

初めての加工はたっぷり時間掛けて、最善の策を探りながらやるので時間掛かります。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317