2020/10/23

シリンダーヘッドオーバーホール











 77FLH様 シリンダーヘッドオーバーホールです。

プラグホールはリア側はヘリサート上がり、フロントもヘリサートで修理してあったので、今後フロント側も上がって来てしまうリスクを考えネジスリーブタイプの物で再修理しました。

プラグホール再生のオーバーサイズタップのネジ山の不要な部分はインテークバルブシートリング間のクラックの原因になりかねないので、テーパーにカットしています。

バルブシートリングは入庫時はバルブが沈んでしまうほどシートカットが繰り返された状態だったので、シートリング入れ替え、突き出し合わせシートカットしました。

3番角のラジアスカットカッコいいでしょ?

見るからにフローの良いシート形状です。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

2020/10/21

ミッション搭載


 77FLH様 先月末組み上がっていたミッションを搭載しました。

残り作業は入庫前坂道で原付きに負けてしまう位遅いとオーナー様が仰っていたエンジンを現状のストック仕様のままでどこまでバビューンと行ける様にするかです。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

2020/10/20

タペットノイズ


 77FXS crazy franks様 エンジンの調子は良くなったのですが、タペットノイズまだ追いかけていました。

実走で油温上がるとハイドロリックリフター抜けの底付きの打音が出ていて、リフター交換で静かにはなったもののまだ残るタペット音に似た打音を追いかけてきましたが、迷走の末ピニオンギヤオーバーサイズに入れ替えて原因を確実に見つけました。

結論はピニオンシャフトエンドの振れです。

オーバーサイズギヤにした事でギヤノイズとギヤ鳴りの音が同時に出る様になったので間違いないです。

久々にドハマりしました。

ハマったトラブルシューティングほど原因分かった時は気持ち良いです。

ただ、カム周りの作業の際にピニオンシャフトエンドの振れが大きい事は認識していたので、もっと早くに疑うべきでした。

まだまだですね



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

2020/10/15

DLC処理 ロッカーアーム

 

62FLH様 オーナー様が遥々スペインから見つけてきてくれた純正ロッカアーム非常にコンディションが良いので、少しでも長持ちする様にかじり対策にDLC処理しました。

ホルダー、アーム共に油膜切れが原因なので、ロッカーアームホルダー側を油膜保持出来る様に加工した上で最後の保険に固体潤滑です。

次回エンジン分解した時のエンジ内部のカッコ良さも自分にとっては重要なので、次回からはマスキングのラインは変えて貰おうと思います。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

2020/10/14

MIL specバッテリーケーブル



 88FXR様 MIL specバッテリーケーブル作成させて頂きました。

当初は自分が欲しかったから初まって、大してリアクションはないであろうと思っていましたがGLORYのお客様の間で地味なブームになっています。

これからドンドン気温が下がって冬になったら本領発揮です。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

2020/10/13

腰上分解です。

 




74FXE Rigid様 エンジン不調のトラブルシューティングで腰上分解しました。

とりあえず前後ヘッド共にヘッドガスケット抜けの痕跡がありました。

異常燃焼による物なのか?ヘッドガスケット面の面精度の問題なのか?

伺っている症状からバルブ周りも怪しいので引き続きトラブルシューティング進めていきます。

不調修理連発です。

調子の悪いハーレーの修理ドンと来いです。

全部治して返します。

ガムシャラに数こなしてお客さんの期待裏切らない結果で納めていけばその先には何か待ってると思ってます。

全力疾走です。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

2020/10/11

バルブタイミング



 77FXS crazy frank様 始動後コンプレッション測定した結果もう一声欲しい感じなので、バルタイ見直しています。

バルブタイミング調整はそれぞれのストローク、ピストン、カムのスペックの最大の旨味を引き出す為の最後のツメだと考えています。

なので、お問合せ頂きますが実機での調整以外はお断りしています。

そもそもギヤラッシュも個々に違い直径違いのギヤでラッシュ調整するハーレーのエンジンで、確認のコンプレッション測定もできないバルタイ調整に意味は無いと思います。

まあまあプロフィール通りに組み直す事ぐらいはできるかな?

フロント、リアでシリンダーヘッド温度がフロントの方が高い理由もオイルのかき揚げによる冷却性の差ではなくバルブタイミングによる前後気筒の燃焼状態の差が大きいです。

ハーレー社は意図的に走行風による冷却性に優れるフロントヘッドよりリアヘッドの方が温度が下がる様にカムを設計しています。

コンプレッションを差し置いてバルブタイミングは語れません。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

もうすぐ納車です。


 77FXS様 無負荷ラッピングで発熱量おさまってきたので今夜100kmコース慣らし、セッティングで納車です。

オーバーホール後既に500km走行済みでの入庫でしたので、GLORYでのオーバホール後500km慣らしは過剰かと思うので、100km様子見てきます。

気温も下がってきたしドンドンいきます。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

2020/10/09

エンジン始動です。


 77FXS crazy frank様 組み上がりイニシャルセットで始動しました。

これから組み上がりのコンプレッション測定して、ドエル調整、点火タイミング調整、キャブレターセッティングで完了です。

パンチのある歯切れの良い音する様になりました。



GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317

バルブタイミング調整








 77FXS Crazy frank様 続きです。

カムギヤ入れ替え、ギヤラッシュ計測、カム ブリーザースラスト調整でやっとバルブタイミング調整まで戻ってきました。

当初はバルタイだけでいけると思っていたのですが、開けたら開けただけ色々出てきて随分時間掛かってしまいました。

ここまで来るともう調子良いエンジンに仕上がる事が見えたようなもんです。

やるべき事を確実に積み上げれば確実に調子の良いエンジン作れます。

必然の積み重ねです。




GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317